高知県の野菜をお届け、おむすび畑

商品をみる

この農家のブログを見る

  • 紹介コメント
  • インタビュー
  • レシピ
  • 基本情報

紹介コメント

「おいしい!」にこだわった野菜づくり

高知県西部の小さな村に私たちの「おむすび畑」はあります。夏には蛍が飛び交う松田川のほとりにある畑で年間50種類の野菜やハーブを栽培しています。
おむすび畑の野菜は「おいしさ」を一番大切にしています。農薬を使用せず、有機肥料を使って野菜の旨みを最大限引き出す栽培をしています。
「畑をまるごとお届けしたい」との思いから旬の野菜はもちろん、「野菜はいつでも旬!」との思いから、普段店頭に並ばないような大根葉 や人参葉なども野菜セットには入れています。

野菜ソムリエから一言

おむすび畑の牧野さんご夫婦のつくる野菜は、きれいな状態で届くのが特徴。一つひとつ愛情をこめて丁寧に梱包されて届きます。野菜と一緒に入っているレシピを参考に新しいお料理に挑戦するのも楽しいですね。

この農家の野菜がたべられるレストラン

キッチン&カフェ エマーブル

兵庫県尼崎市南武庫之荘1-29-9アマユビル1階
電話:06-6437-1418
URL:http://r.gnavi.co.jp/ka8e000/
FACEBOOK:http://www.facebook.com/aimable.2010.4.22

オーナーシェフ
高見 忠男氏

牧野さんの野菜を知人から紹介され、ためしに食べてみたところ、その味に感動しました。以来、エマーブルでは、牧野さんの野菜を使っています。その時の旬の野菜が届くので、届いた野菜を見てメニューを考えるのが楽しみになっています。
牧野さんの野菜は、野菜本来の味がしっかりと感じられて、作り手のこだわりが良く伝わってきます。
お客様にも「エマーブルの野菜はおいしい!」と好評をいただいています。
是非、一度エマーブルで牧野さんの野菜をご賞味ください!

おむすび畑の野菜を使ったエマーブルのお料理
  • ニラとローズマリーチキンのテリーヌ リーフレタス添え
  • スイスチャードと自家製パンチェッタのおからキッシュ
  • だいこんとほうれん草のトマトパスタ
  • 酢みかんのシロップ煮とバニラアイス

インタビュー

おむすび畑 インタビュー

どうして農業をはじめたのですか?
―(佳代さん)「農業がしたい」って言いだしたのは私なんです。東京生まれですが、母が市民農園で作っていた野菜の味が忘れられなくて、仕事を辞めて有機農業の研修を始めました。
―(太朗さん)その頃僕は横浜の高校で政治経済の教師をしていていました。教科書に出てくる「農業」は暗い話ばかりで、自分がやるなんて考えてもみませんでした。実際、彼女に「農業で生活はできない」と反対もしました。
でも、彼女にしつこく誘われて、高校の授業の参考になればいいなと思って農園に行ってみたんです。そしたら、面白くて。人間は食べていくために働きますよね。だったら農業で自分の食べるものを作ったらいいって思うようになったんですよ。それで、農家になることを決断したんです。
高知県を選ばれたのは理由があるんですか?
―(太朗さん)元々四万十川の近くで暮らせたらいいなと思っていたんですよ。それで研修先を探していたら、高知県の「有機のがっこう」を見つけて、ここだと思いました。
―(佳代さん)クリスマスイブに突然「高知にいってくる!」って出て行ったんですよ。びっくりしちゃって。そして、有機の学校で1年間研修をした後、知人の紹介で今の家と畑を借りたんです。
実際に農家になってみてどんなことが大変でしたか?
―(佳代さん)初めて借りた畑は、草や木の根っこがごろごろしていて荒れ放題。毎日ツルハシを握って、手作業で畑にしていったんです。本当に大変でした。
見かねた近所の農家の方が、トラクターを出してくれたこともあったんですよ。
おむすび畑の栽培はどんなこだわりがありますか?
―(太朗さん)化学肥料と農薬は一切使っていません。土づくりに力を入れていて、米ぬかや魚かすや生ゴミ堆肥などの地元の肥料を使って野菜本来の味を引き出し、甘みのあるおいしい野菜づくりを目指しています。。
野菜セットの特徴はありますか?
―(佳代さん)種類を限定せず旬の野菜を5種類程度入れています。普段店頭に並ばないような人参の間引き菜を入れたり、その時の畑をまるごと食卓にお届けできたらいいなと思ってやっています。
「かつお菜」や「カラフルほうれんそう」など珍しい野菜も作っているので、手書きのレシピを同封して食べ方もお伝えするようにしています。
―(太朗さん)お送りする野菜は、一つひとつ野菜を袋詰めしています。手間はかかりますが、大切な商品としてきれいにお届けするためにがんばっています。
おすすめの野菜はありますか?
―(太朗さん)僕が大好きななすですね。他にも地元の伝統野菜に力を入れているので、煮物用の「昔きゅうり」はおすすめです。
―(佳代さん)生姜もおすすめです。農薬を使わず有機肥料で育てた生姜は香りが良くて、ほのかに甘く昔ながらの懐かしい味がします。この他には、へちまもおすすめです。運が良ければおまけでへちまのたわしをお付けすることもありますよ。



基本情報

おむすび畑の基本情報

畑の場所 高知県宿毛市橋上町
生産者名 牧野 太朗・佳代
こだわりポイント ・農薬、化学肥料に頼らない露地栽培
農薬や化学肥料を一切使用せず、有機肥料を使って野菜の旨みを引き出す栽培をしています。野菜は全て露地で栽培し、旬を大切にしています。
・伝統野菜
高知の伝統野菜「昔きゅうり」やさつまいも「土佐紅」や鰹節の味がする九州の伝統野菜「かつお菜」などを栽培しています。季節によっては、一般的な野菜に加え、伝統野菜も野菜セットには入ります。
・種の自家採取
固定種の栽培に力を入れており、種の自家採取を行っています。
放射線測定の取り組み 2012年5月25日測定(PDF)
有機JAS 特別栽培 エコファーマー

商品をみる

業務用注文のお申し込み

  • おいしさの秘密
  • 安心・安全の秘密
  • 畑まるごとお届け
ページの先頭へ